« 1月10日の買いたいレース | Main | あと5年 »

2004.01.10

昔のアーケードゲーム(12)

イー・アル・カンフー(コナミ)

今のように格闘ゲーム全盛期の礎を作ったといっても過言ではないかもしれません。プレイヤーの攻撃はレバーと二つのボタンを組み合わせて行うなど、今となっては当たり前でしたが当時は斬新なスタイルでした。最初の敵キャラは練習台にしかなりませんがそのあとから急に手ごわくなります。女キャラは手裏剣投げるし、ヌンチャク野郎やながーい棒きれ持ったのとか。それらの攻撃をいかに見極めるかがこのゲームのポイントですね。実はあんまりやったことありません。当時は上手なあんちゃんがやっていたのを横で見てただけでした。「どこが面白いのか・・・」当時はこんな感じでしたが、やってみたら納得しました。確かに面白い。進むごとに強大な敵に立ち向かうことで飽きさせない演出はさすがです。

image/yiear2

|

« 1月10日の買いたいレース | Main | あと5年 »

Comments

いやー懐かしい。
このゲームには自分もはまっていました。
ストリートファイターとか格闘系の基本になっている
ゲームじゃないんでしょうか。(想像)
ファミコン版に当時熱中しておりました。
相手に攻撃がうまくいくと一瞬動作がとまるんでしたよね。

Posted by: ちゃぼ | 2004.01.12 at 06:05 PM

対戦格闘ゲームの基礎になっている・・・でもこのゲーム対戦はできないんですよね。

Posted by: ザッキー | 2004.01.12 at 06:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10147/88797

Listed below are links to weblogs that reference 昔のアーケードゲーム(12):

« 1月10日の買いたいレース | Main | あと5年 »