« 昔のアーケードゲーム(22) | Main | 1月24日の買いたいレース »

2004.01.24

昔のアーケードゲーム(23)

スペースハリアー(セガ)

体感3Dシューティングゲームの草分け。セガの黄金時代到来を予感させるゲームでした。ゲームの内容は単純で敵を打ち落としていくだけです。難易度も見た目の派手さにだまされがちですが、実は簡単だったりします。敵の弾は正確に自分を狙ってくるので動いていれば交わせます。ランバ・ラル大尉(誰?)が言っていた「正確な射撃だ。だが正確ゆえに避けやすい。」と同じです(どこが?)。

で、このゲームはいろんなコンシュマー機に移植されていますが、必ずと言って語られるのがPC-6001版のスペースハリアー。主人公のハリアーはちゃんとグラフィック表示されますが、敵はすべて「□」や「■」です。ホントに。でもそのグラフィックを犠牲にした分ゲームバランスは保たれています。これはすごいことですよ~。

ちなみにPC-6001はこんなんです。

image/shar0000

|

« 昔のアーケードゲーム(22) | Main | 1月24日の買いたいレース »

Comments

セガ「メガドライブ」でプレイをしてました。敵に当たると、うぉーって異様に大きい声を出すんですよね。確かに難易度はそんなに高くなかったような覚えがあります。

PC-6001は世の中のパソコンの先駆者ですよね。NECのパピコン♪って、昔TVCMでやっていた覚えがあります。電化製品オタクだった私は喉の奥から
手が出るほど欲しかった。その後はNECがPCシリーズとシャープがMZシリーズで業界でしのぎを削りましたっけ。その何年か後に、私はPC8801mkⅡを買いました。

Posted by: ちゃぼ | 2004.01.25 at 12:40 PM

パピコンって・・・懐かしい・・・。記憶ではキーボードのきーが消しゴムみたいな素材だったと思います。友達が持っていて、専用モニターでなく普通のテレビにつないでましたね。

MZシリーズもMZ-80KとかMZ-700なんてグラフィック機能がないのにコアなユーザー有志が不可能なゲームを移植してましたね。スペースハリアーも移植されてましたね。

Posted by: ザッキー | 2004.01.25 at 05:34 PM

追記
ちなみにランバ・ラル大尉とは「グフ」のパイロットです
。知っているとは思いましたが、念のため。サムライ
スピリットを持った、粋なおっちゃんでしたよね。

Posted by: ちゃぼ | 2004.01.26 at 01:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10147/129639

Listed below are links to weblogs that reference 昔のアーケードゲーム(23):

« 昔のアーケードゲーム(22) | Main | 1月24日の買いたいレース »