« 1月5日の買いたいレース | Main | 不吉な暗示 »

2004.01.05

昔のアーケードゲーム(8)

エレベータアクション(タイトー)

主人公は拳銃一丁で敵のスパイからの攻撃をかわしながら、各所に置かれた機密書類(?)を持ち出して地下まで逃げ延びるといったゲームです。各フロアの移動にはエレベータとエスカレータを駆使しますが、このエレベータをうまく使いこなさなくてはなりません。エレベータに乗ってしまうと自分で操作できるのですが、ただ闇雲に降りて行っては敵の餌食になってしまいます。時にはエレベータで敵を押しつぶす(!)なんてことも必要です。また拳銃でやっつけるのが手っ取り早いですが、ジャンプでの体当たり攻撃や電灯を頭上に落としたり、当時としては攻撃方法のバリエーションが豊富でした。

image/elevator

|

« 1月5日の買いたいレース | Main | 不吉な暗示 »

Comments

これまたゲーセンではまってました。敵キャラがシルクハットをかぶっていたりとクールな画面でしたよね。ファミコン版は購入したのですが、やはりぎこちない動きでした。それとファミコン版では大分後の面にて、ギャングがピストルを撃ちっぱなしになって、どうやっても避けれないバグあがあったことを覚えています。ある面で出てくるときと出てこなかったときがありました。その違いはどういうときに生じていたのだろう・・・。

Posted by: ちゃぼ | 2004.01.12 at 06:17 PM

ファミコン版はプレーしたことないなぁ~。検索サイトでエレベータアクションのレビューしているサイトを探してみますね。

Posted by: ザッキー | 2004.01.12 at 06:33 PM

ファミコンゲームをレビューしているサイトです。
http://homepage2.nifty.com/100man/elevator/elevator.html

面白い裏技があるようです。

Posted by: ザッキー | 2004.01.13 at 11:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10147/74955

Listed below are links to weblogs that reference 昔のアーケードゲーム(8):

« 1月5日の買いたいレース | Main | 不吉な暗示 »