« やけに目にするCM | Main | 昔のアーケードゲーム(33) »

2004.02.09

昔のアーケードゲーム(32)

フロントライン(タイトー)

サマワに自衛隊が派遣されるなんて夢にも思わなかったでしょうね。このフロントラインがゲームセンターで稼動していた時代には・・・。

ところでこのゲーム、手榴弾とピストルで敵の最前線に乗り込んで行く勇猛果敢な戦士を操って行きます。なぜか操縦可能な機関砲を備えた装甲車(?)や大砲を備える戦車(?)が無造作に乗り捨てられています。友軍のせめてもの手向けなのでしょうか・・・。そんなことなら一緒に戦ってほしいと思うのですが、ヒーローいつも孤独ってことなんでしょうか。

image/frontlin

|

« やけに目にするCM | Main | 昔のアーケードゲーム(33) »

Comments

チープな画像ですよね(苦笑)。本当にアーケードゲームなのといいたいたくらい(笑)。そこが愛らしいというのもあるのですがね。自分はファミコン版のにはまってました。確かに戦車乗り捨てたりしてました。確かに一人で戦っていた。それなのになかなか死なないのだから、よきう考えると強靭だよねー。サマワへ派遣されたは無事に帰還することを願っております。(一部官僚が自衛隊の身に何か怒っても撤退はしないと言った発言に反発。)

Posted by: ちゃぼ | 2004.02.15 at 02:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10147/181416

Listed below are links to weblogs that reference 昔のアーケードゲーム(32):

« やけに目にするCM | Main | 昔のアーケードゲーム(33) »