« 本日の反省文 | Main | 昔のアーケードゲーム(38) »

2004.02.17

昔のアーケードゲーム(37)

アミーダ(コナミ)

パックマンタイプの”ドット食い”ゲームです。が、敵の行動パターンがユニークで、ゲームタイトルからも察することができるのですが、あみだクジの理論で進んで行きます。ですから敵に囲まれても冷静に判断すればつかまることはありません。あと特徴としてドットを食い尽くしてクリアーするパターンと隣接した陣地を広げていくパターンなどステージによってゲームの目的が違ってたりします。

あみだクジによるボーナスゲームもなかなか楽しめますよ。

image/amid0000

|

« 本日の反省文 | Main | 昔のアーケードゲーム(38) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10147/207199

Listed below are links to weblogs that reference 昔のアーケードゲーム(37):

« 本日の反省文 | Main | 昔のアーケードゲーム(38) »