« 日本ダービー反省文 | Main | 昔のアーケードゲーム(52) »

2004.05.30

気の早い菊花賞展望

ラジオNIKKEI | 競馬実況ホームページより

2着 5番ハーツクライ(横山典弘騎手) 「能力は相当なものがある。フットワークはあまり良くないと聞いていたけど、今週栗東の坂路で乗ったら全然良かった。それが今日平坦のボコボコした馬場を走らせたら良くなかった。『この事だったのか』とそこで思った。現時点では完成度の差、あの時計で走られたしね。でもこの馬は走るよ。凄い能力だ。」

レースを見て2番目に印象に残ったのがハーツクライの最後の直線の脚。やはり能力はある馬だったんですね。皐月賞のときに本命にしたのですが展開が向かずに惨敗。次の京都新聞杯で見せた脚も半信半疑でした。ダービーで見せた能力を今度は秋の淀で再び見せてほしいです。

あとキョウワスプレンダも期待できそうです。気象面での成長が見られれば力はある馬ですからね。コスモバルクも今日の負けを糧にして秋につなげてほしい。調教師曰く「秋も使える中央のレースにどんどん出して、菊花賞だって3000mは大丈夫だと思っています。まだまだ挑戦します。」とのこと。トライアルの神戸新聞杯はうってつけの条件ですし、是非挑戦してほしいです。

キングカメハメハには海外でがんばってもらいましょう。

|

« 日本ダービー反省文 | Main | 昔のアーケードゲーム(52) »

Comments

ラジオNIKKEI見ました。いろいろなサイトを知っているよね!ジョッキーのコメントがこんなに早く見れるとは。自分も今度から活用させていただきます。ところで五十嵐騎手はまたもや自分の騎乗ミスだって言っているみたい。本当だとしたら勘弁してくれよというところだけど、今日は皐月賞みたいなチグハグな競馬でなかったのでまだ我慢できます。夢は秋までお預けかな。

Posted by: ちゃぼ | 2004.05.31 at 12:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10147/680851

Listed below are links to weblogs that reference 気の早い菊花賞展望:

« 日本ダービー反省文 | Main | 昔のアーケードゲーム(52) »