« 電車通勤での日課 | Main | エリザベス女王杯のあとに »

2004.10.31

天皇賞は雨模様

関東地方は朝から雨のようです。どのくらい馬場に影響が残るかわかりませんが重馬場の巧拙も予想のファクターに入れておかなければならないでしょうね。

さて、そんななか行われる天皇賞。もともと雨でなくともローエングリンを中心に考えていました。毎日王冠でも力の入りすぎたようですがそれでも最後まで粘りを見せてくれました。徐々に常識にかかるようになってきたようですしここは人気的にも狙い頃では。相手にはテレグノシスとツルマルボーイ。馬場の心配はツルマルボーイのほうにありますが、コース相性が補って余りありそう。テレグノシスは2000mでも問題ないと思います。過去距離が不安視されたヤマニンゼファーやネーハイシーザーの例もありますし。あとはバランスオブゲームとリンカーン。ダイワメジャーも皐月賞のパフォーマンスは凄いと思うのですが、その頃のデキにあるかどうか。逆にゼンノロブロイは今回は怪しい気がします。平均的に速い流れになりそうなのでこの馬向きのペースにはならないと思います。おぉ、シルクフェイマスを忘れていました。この馬も買い目に入れておくつもりです。

|

« 電車通勤での日課 | Main | エリザベス女王杯のあとに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10147/1817365

Listed below are links to weblogs that reference 天皇賞は雨模様:

» 第130回天皇賞・秋(G1)予想 [空をかすめる]
 秋の天皇賞。東京競馬場2000mで競われる日本における中距離G1の最高峰だと思われる。今年も実績馬や上がり馬、ニューフ [Read More]

Tracked on 2004.10.31 at 01:23 PM

« 電車通勤での日課 | Main | エリザベス女王杯のあとに »