« 2018年3月18日 スプリングS | Main | 東京2回第1週 京都3回第1週 »

2018.03.26

2018年4月1日 大阪杯

【各馬の動向】

・シュヴァルグラン
 ポテンシャルの高い馬。操作性が高くて素直なので、距離に戸惑うことはないと思う
 今回の2000mの条件というのは、ベストかと言われると、過去の競馬を見るとベストではないと思います

・サトノダイヤモンド
 前走は半信半疑だったが思ったよりも走ってくれた。レース後に目つきが変わってきたし、少しずつ上向いている。ノドの疾病も「大丈夫」
 金鯱賞は体調が上がりきらないまま3着に終わったが、徐々に本調子を取り戻している
 少しずつ一番良い頃に近付きつつあると思う

・ゴールドアクター
 馬体の張り、毛づやはいいんですけどね。いい頃に比べると物足りない。追い切りでどこまで変わってくれるか
 追いきりの時計は速かったのですが、まだ、良い頃に比べると終いのキレがもう一つです。体調は良いと思います。毛ヅヤもピカピカですし、ただ、動きがもう一つです。良い頃に比べると、戻り切っていないです 

・スワーヴリチャード
 きれいに手足が伸びていた。前走と同じぐらいか、それ以上
  (馬体重の)数字的にはそう変わらないとは思いますが、前走は少し余裕があったとは思いますが、成長分もありますので、特に数字は気にしていません
 阪神の2000mは新馬戦、未勝利戦と2回使わせてもらっています。最後少し苦しくなってくると、右にもたれる面を出していました。ある程度余裕を持っていければ、最後は苦しくならずに、もたれる面も解消できるのではないかなと思います。有馬記念のように外々を回っていたら良くないと思います。
 追い切った後も特に変わりないし、今朝も落ち着いているので、このままの状態でいければ

・ウインブライト
 初の関西遠征だが、福島も経験しているし、輸送については何も心配していない

・ミッキースワロー
 順調に来ている。この馬がとても強いメンバー相手に、どこまでやれるか楽しみ
 暖かくなって、体も柔らかくなってきました。馬に合わせて、じっくりと調整してきたので、馬の気分も良く、順調にきていると思います。力の差がどれだけあるのかも確かめる意味で、阪神の大阪杯に決めました
 追い切り後も特に変化はなく、いい状態をキープ

・アルアイン
 前走は苦手な重馬場だったので、少し可哀想な状況でしたが、休み明けもありましたし、その中ではよく頑張ってくれました。すごく調子が良いので、ここを勝って中距離のトップホースだということを証明したいと思います

・ペルシアンナイト
 前走、状態はかなり良かったのですが、中山記念というのは開幕週で前が良いペースで飛ばしてもなかなか止まらないという競馬になります。ペルシアンはゲートが遅いので、どうしても追い込みの脚質なので、厳しいレースでした

・サトノノブレス
 近走、少しゲートの出が悪く、二の脚がつかない。(阪神2000mは)ベストに近いと思います。

・ウインブライト
 凄く良かったと思います。3回追い切りに乗って、競馬というパターンで来ていましたが、今回は立ち上がりの時から、中山記念の時よりも、馬の動きが良かったと思います。阪神競馬場も、似たようなコース形態の福島や中山を経験しているし、内回りコースが不安になるより、この馬にとってはプラスになると思います。

・トリオンフ
 せん馬になってから調教やレースで集中できている
 勝ちパターンを覚えたね。4コーナーで先頭グループに取り付いて、直線で引き離す形ができている。今回は一線級が相手。どんなものか

・ダンビュライト
 瞬発力勝負では分が悪いので、前走のような競馬が理想的
 距離はベスト。ゴールまできっちり脚を使える

・ヤマカツライデン
 動く馬。跳びが大きくて速くは感じなかった。逃げる形になると思う。引きつけて逃げるより、リズム良く行った方がいい
 攻め馬は動くからね。中1週だけど、距離の2000メートルも大丈夫だし、行って粘ってほしいね

・ヤマカツエース
 前回(金鯱賞4着)はだいぶ太かった。動きも良かったし、上積みはあると思う。去年ぐらい走ってくれれば十分に勝負になる
 調教をしっかりやれたし、今回は上積みがあると思う

・スマートレイアー
 調子が上がりきらなかった昨年末の香港C5着から体調良化は明らかだ。四位騎手は「初めて乗ったけど、衰えとかは感じない。どんな競馬でもできるイメージ

・マサハヤドリーム
 きはいいですね。強い相手にぶつけて、自分の競馬をやるだけですよ。枠は内枠を希望しており「折り合いが難しい馬だし、外枠は嫌。内でじっと脚をためたい」

【過去の傾向】

・キーワードは「芝2000m重賞実績」と「阪神芝実績」のふたつ

 アルアイン:毎日杯を含む2戦2勝と阪神適性も高い

 ペルシアンナイト:阪神は1戦のみながらアーリントンCを快勝している。し

 サトノダイヤモンド:皐月賞3着があり、阪神は重賞2勝を含む3戦3勝の得意コース

 サトノノブレス:芝2000m重賞で3勝、複勝率70.0%と実績があり

 スマートレイアー:芝2000mG1の秋華賞で2着の実績があり、阪神でもメンバー最多の6勝

 スワーヴリチャード:前走の金鯱賞で芝2000mG2勝ち、ただし良績は左回りに集中

【マイニング傾向】
 信頼度は、人気>対戦型>タイム型

|

« 2018年3月18日 スプリングS | Main | 東京2回第1週 京都3回第1週 »